Quote
"

「素手で便所掃除をする」
「電卓で計算してExcelに記入」
「ネットの無い時代に河原で捨てられたエロ本を拾う」

これらにより人間力がアップする

"

Twitter / subnacchi (via igi)

(via zenigata)

Quote
"前出の出版プロデューサーは「自己愛が強く、常に健気で美人な研究者として見られたい感じの人なので、過激な暴露本を求めても難しい」と、小保方さんの性格に合わせた本でないとオファーは不可能とみている。"

小保方氏に出版界から熱視線 - 日刊サイゾー (via otsune)

(via otsune)

Quote
"

昼過ぎのマックにて学生らしき子たち(三人)が談笑してた

A「あ、そろそろ時間だ。わたしもう行くね」と席を立つ
B「え~行っちゃうの~さーみーしーいー(棒読み)」
A「え、あ、じゃあもうちょっといる!?」←座り直す
B「いいよw早く行きなよ!〇〇さん待たしちゃだめだよ」
A「そうねそうねじゃあ行くわ」
B「そして今からAの悪口で盛り上がる」
A「ひどいw」
B「女子のたしなみ、いないひとの悪口を言う」
A「じゃあもうちょっといる!」
B「早く行きなってw」
A「じゃあ本当にもう行くね!今日はありがとうね」
B「今日は大人っぽく且つ可愛い、大人可愛いよ」
A「ありがとう!デート頑張ってくる!」

Cはずっとケラケラ笑ってた
もちろんAがいなくなっても悪口は出てこず和やかに談笑してた
穏やかな昼下がりだった

"

穏やかな昼下がり 続・妄想的日常 (via yasunao) (via yasunao-over100notes) (via gkojax) (via jumitaka) (via halmatch) (via sixfeetunder) (via 908908)

Quote
"病気になるのは、ハッキリいって運命に近いものなんですよ。でも患者さんは「なんで私は自然出産できなかったんですか?」「なんで私は妊娠できないんですか?」と受け入れられずに、何か理由があるはずだと考える。そこまではおかしくないんです。そこで「冷えが悪い」「骨盤の歪みが悪い」と雑誌に書かれていたら、「これか!」と。すると、靴下を5枚も履いたり、首という首は温めて「冷え」を防ごうとする。例えば、子宮は体の中で一番温かい場所だから手足が冷えたぐらいでは影響はないし、「冷え」を客観的に評価することなんてできない。でも「どうにか努力して、自分の人生をいい方向にコントロールしたい」という当然の欲求が、トンデモと結びついてしまうんです。"

女性誌のトンデモ情報を生み出す、世間の欲望と“女子”のコントロール欲求(1/2)|サイゾーウーマン (via otsune)

(via dotnuke)

Quote
"【10位】自動車の騒音を大きくするために、100万円以上費やして改造する人もいる

――音が大きいほどカッコいいと思われており、トラクター3台分よりうるさい車もある。しかも、そのような車はいずれもいい車で、オーナーは車好き。

【9位】果物や野菜が肉より高い

――スーパーでは、野菜や果物の価格が鶏肉の3倍程度。このため、日本に長期間滞在すると太る。

【8位】日本の警察や役所などの権力機構はとても優しく、本当の公僕

――警察官は気さくで優しい。文句を言っても何もされないし、逆に謝られることさえある。

【7位】日本の山にはクマがいる

――毎年、クマが人を襲ったなどのニュースが流れる。クマを殺すのは違法ではないので、クマ狩りに行って皮や熊胆を取っても問題ない。殺されても知らないが。

【6位】冬の気温は0度程度までしか下がらないのに、ものすごく寒い

――中国東北部に比べれば気温は高いはずなのだが、マイナス30度ぐらいに感じる。海に囲まれて空気が湿っているのと、暖房が弱いため。

【5位】東京では中国語が飛び交っている

――3回東京を訪れた印象では、中国人が多すぎる。電車ではどの車両にも2~3人乗っている。新宿や新大久保の路上では、中国各地の方言も聞ける。

【4位】動物が手厚く保護されている

――ノラ猫にエサをやる人が多く、川に行けば野生のツルやカモ、ハクチョウを見ることができる。道路を渡るカルガモのために渋滞したり、警察が出動したりする。

【3位】自殺、過労死が日常的に発生している

――過労死や自殺がよく報道されている。自殺では家族を道連れにすることもある。まじめで責任感が強いことや、他人に迷惑をかけたくないという国民性が関係している。

【2位】国の指導者や政治事件について、みんな言いたい放題

――日本のテレビ局は毎日、必ず指導者を批判している。評論家や司会者ははばかりなく批評したり、秘密を暴いたりしている。

【1位】巨大で頭の良いカラス

――全身が漆黒で、中国のカラス2羽分ほどの大きさがあり、とても恐ろしい。知能が高く、くちばしでゴミ袋を簡単に開けるため、日常的にゴミ捨て場を荒らす姿が見れる。日本人が動物を殺さないのをいいことに、人を怖がらず、果ては人まで襲うこともある。"

中国人が選ぶ「日本の奇妙な事」ベスト10、「警官がやさしい」「中国人多すぎ」・・1位は?―中国ネット|中国情報の日本語メディア―XINHUA.JP - 中国の経済情報を中心としたニュースサイト。分析レポートや特集、調査、インタビュー記事なども豊富に配信。 (via dotnuke)

(via dotnuke)

Quote
"Q:妻同士で嫉妬はないのかい?
A:めちゃくちゃあります。"

一夫多妻のサウジアラビア人「妻4人と子供24人いるけど、何か質問ある?」:らばQ (via lovecake)

(Source: kogumarecord, via dotnuke)

Quote
"

 英ザ・サン紙によると、コールドプレイが「The Scientist」を演奏していたところ、クリス・マーティンが歌を歌うのを突然やめ、ファンに声をかけた。「無礼な態度を取るつもりはないが、これはタンバリンを使うような曲じゃないんだ。正直言うと、この曲のレコーディング時にはタンバリンも試したけどボツになった。だからタンバリンなしで10年以上演奏をしてきた。合うかもしれないけど、僕はタンバリンなしに慣れてしまっている。悪く思わないでほしい」とステージからファンにやめてくれるよう呼びかけた。

 WENNによるとタンバリンを振っていたのは女性だったとのこと。「ここから君がどんな人かは見えないけど、とても素敵な人で、いい音を出していると思う。別にタンバリンが嫌いとかアンチ・タンバリンを訴えようとしているわけじゃない。タンバリンは僕のお気に入りの楽器のひとつだ」とクリスは彼女の気持ちを傷つけないよう、優しくタンバリンの伴奏をやめてくれとお願いしたあと、「次の曲はタンバリンにばっちりの曲だから、思いっきり盛り上がってくれ」と付け加えたという。

"

コールドプレイ、演奏を中断してタンバリンを振っていたファンに「やめてほしい」と注意 - シネマトゥデイ (via soulboy)

(via asagaonosakukisetu)

Quote
"犯罪史上最も有名な殺人鬼エド・ゲインや、秋葉原通り魔殺人を犯した加藤智大など、こうした犯罪者の多くが思春期において、性を否定されたり、性から遠ざけられたりする教育を受けてきた。この事実を規制派は恐らく認識していないし、するつもりもないのだろう。"

Twitter / 甲賀志 (via ssbt)

(via 908908)

Quote
"『リング』をDVDで観た。死にたくなければダビングして人に見せなきゃいけないってオチなんだけど、戦慄したのはその後。クレジット後の「お知らせ」に“複製の禁止”の記載!もう死ぬしかない。"

Twitter / sdlanodcm (via gkojax)

(Source: gearmann, via 908908)

Quote
"日本でこの「ストレスをかけ過ぎると壊れる」というのが認識されないのは簡単で、日本の成功者の殆どが「過度のストレスを耐え切った」選別された人たちだからです。でも当人は選別されたと気づいていません。自分の回りにいるのが選別された人ばかりだから、世の中の人はみんなこんなものだと思っています。弱い人がいるとは全く思わないので、そういうのにぶち当たると異常にしか見えません。苦労して成功すれば成功するほど、この傾向は強まります。"

— 想像力のない超人たちが「繊細な弱者」をへし折ること | 独り言v6 (via growmoss)

(via megane4141)